冠婚葬祭の挨拶で思ったこと

斎場は決して明るい場ではありません。
私も何度も経験していますが未だにあの場には慣れずにいます。
冠婚葬祭の挨拶で思い出すのが、私の父の挨拶です。
私の祖母、つまり父の母親が亡くなったときに親戚や友人、町内会の方等多くの方が参列してくれました。
そうした中、父は堂々とした姿で大勢の前に立ち、自分が亡くした母親のことについて語っていました。
その姿が数年経った今でも忘れられません。
亡くなった祖母は孫の私にもとても良くしてくれました。
祖父母と私達は二世帯住宅で一緒に暮らしていたため、親に怒られた時の逃げ場として私は一回の祖父母の部屋に走っていったのです。
早くに亡くなった祖父は決して多くを語る人ではなく、また、私の父も多くを語る人ではありません。
涙を流している姿も一度も見たことがありません。
男は泣かないものだしどんな時でも感情的にならないんだと、小さい時の私は思っていました。
しかし、斎場での父の挨拶をみてからはそういった気持ちはなくなりました。
決して表に出さなくても、父の出した言葉の一つ一つにすべての感情や祖母への想いがつまっているのを感じたのです。
あの姿を見てから私は父をさらに尊敬するようになりました。
そして少しでも、父が思うような立派な人間に近づきたいと思っています。