冠婚葬祭の挨拶の基本的ルールとマナー

冠婚葬祭のなかでも、葬儀の際の挨拶は、どのように言葉をかけていいか悩むものです。
参列者として、遺族に挨拶をする際の基本的ルールとして、重ね言葉を使わないというものがあります。
「重ね重ね」や、「たびたび」「何度も」など、繰り返しを連想させる言葉は避けたほうがよいでしょう。
マナーとしては、遺族の気持ちを察して、故人の死を悼む気持ちをこめた声がけを心がけることが重要です。
あまりに大きな声は葬儀の場にはふさわしくないので、声のボリュームら控えめにしましょう。
励ましたい気持ちがあっても、ときにはそっとしておくのも優しさかもしれません。
どうしてほしいかを聞くのもいいでしょう。
また、遺族として葬儀に臨む際は、悲しみや喪失感でいっぱいになっていて、どのような言葉を返したらいいか頭がはたらかないということもあると思います。
そのような場合は無理をしなくても大丈夫です。
最低限の挨拶は返すように心がければ、相手も察してくれます。